アウターピル値段

アフターピルの完全ガイド

以前のアフータピルは、2回に分けて1錠づつ2回のみで副作用が多く最初の1錠を飲んだ後に吐き気を強く感じて薬を吐き出してしまうことが多かったのですが、最近のアフターピルはその点が改良されてほとんど吐き気と言う副作用がでなくなりました。

 

アフターピルは、妊娠の可能性が出てきた時に素早く服用することが重要です。

 

一般には72時間以内に飲めばいいと言われていますが、確実に避妊を確定したいのでしたら、遅くても24時間以内に服用しましょう。

 

妊娠の可能性が出てくる行為はほとんどの人が夜に、それも週末に掛かる人が多いと思います。そんな時に月曜日にお医者さんに行ってアフターピルを処方してもらっていたのでは、すでに48時間ぐらい経ってしまっています。

 

これでは、妊娠の可能性が0にはなりません。

 

アフターピルは女性が自らの体を守るために、予期せぬ妊娠から逃れられる最後の手段です。

 

 

ですので、アフターピルは事前に用意しておく事が女性にとっては大切な事になります。

 

お医者さんに行ってアフターピルを事前に処方してもらうには、病気ではありませんので保険が効きません。

 

医者にもよりますが、結構な金額を取られます。診察料やら処方料など余計なものが付いてきますので仕方がありません。

 

ですが、アフターピルはネットで簡単に購入することができます。それも送料無料で、数千円で購入OKです。

 

お友達と一緒に購入しますと更に安く購入できますので、妊娠の危険を感じる女性は事前にお守りとして購入しておきましょう。

アフターピルのご紹介

アフターピルのよく使用されているものをご紹介いたします。

 

基本的にアフターピルをはじめどのような商品も同じですが、発注の数量が増えると値引きになります。

 

通常の低用量ピルの場合には、継続して服用する場合が多いので、量を多く購入しても問題ないのですが、アフターピルは常に使用するピルではありませんので、知り合いやお友達と一緒に購入するのがいいと思います。

 

アフターピルは最後の手段ですので、これに頼るような行為は慎んでください。

 

アイピル

 

アイピル5箱

 

エラワン

 

ノルパック

 

ノルレボ

 

i-can

アフターピルの効果

アフターピルは、つい数年前まではヤッペ法という方法が主流で、この薬を服用しますと半数の人に吐き気が出て、吐いてしまうため効果が悪く更にこのタイプの薬は、12時間後にされにもう1錠薬を服用しなければいけませんでしたので、避妊の確率がとても悪い状況でした。

 

その後、ノルレボと言う薬が開発されて、この薬は72時間以内に1錠飲む事で避妊効果を得る事ができ、副作用もほとんどない事から今ではこの薬が主流となっています。

 

アフターピルの効果は、早く服用すればするほど効果が強く避妊の確率がほぼ100%に達します。

 

アフターピルが避妊をするメカニズムは、体の中のホルモン状態を薬で無理矢理変化させる事で、生理を起こさせます。

 

また早い段階にこのアフターピルを服用しますと精子自体が子宮に届くのを遅らせる効果もあり、受精そのものをささない役目があります。

 

また時間が経して精子が卵子と受精した場合でも、子宮内膜に着床させない効果があり、万が一子宮内膜に受精卵が着床した場合でも子宮内膜を無理やり剥がす事で受精卵が成長できないようにして、妊娠をさせません。

 

ですので、アフターピルを服用してその後ある消退出血(生理と同じもの)が来ることで避妊が成功したことが分かります。

 

この出血は早い人ですと数日の内に起こりますが、遅い人でも3週間もうちに必ず起こります。

 

この間に、消退出血がない場合には、妊娠の可能性がありますので、妊娠検査薬などで、必ず確認をしてください。

 

アフターピルがあるから、安心で避妊をしないなんて事は論外ですので、その点だけは勘違いしないようにお願い致します。